「暗めのヘナ」と「黒のヘアマニキュア」で黒染めされた髪を明るい白髪染めにカラーチェンジさせていただきました

 

今回のお客様は、
履歴としては、
暗めのヘナを1年6ヶ月間されていて、
その後、
黒のヘアマニキュアを10ヵ月間ほどされていました。

一見、
全体が黒っぽい感じには見えたのですが、
アンダーのベースがどうなっているのか?

まったく想像できませんでした。

それで、
今回は、
FIBREPLEXファイバープレックスの「クレイブリーチ」を3%の2倍で、
脱染する事をメインに、
全体をケアブリーチしました。

ファイバープレックスの「クレイブリーチ」は、
ほぼダメージを感じませんので助かりますね。

ブリーチ後はこんな感じです。

やはり、
アンダーのベースは、
かなりムラになっていましたね。

白髪率が50~60%くらいのお客様です。

このオレンジ色は、
色素の残留になりますね。

こうして見ると、
中間から毛先にかけての「ヘナ」が、
しっかり残留していますね。😅

黒のヘアマニキュアのほうは、
しっかり脱染できました。

 

ここから修正に入ります。

まずは、
髪全体に、
ハイライトを3mmチップのウィービングで入れさせていただきました。

この状態から、
全体をブリーチしても綺麗にならない可能性が高いので、
ハイライトを入れて、
あえて、
人工的に明暗を付けて、
中間から毛先を明るくするイメージで、
立体的なコントラストをつけたほうがいいと考えました。
明るくしすぎず、
5レベル差くらいにおさえました。

 

さらに、
その上からオンカラーをしました。

オンカラーですが、
このオレンジ色を補色で消そうと、
無理に逆らうよりも、
オレンジ色を生かすほうが綺麗なると考え、
パープル、シルバー、ブラウン、ピンク、の4色で配合しました。

元々、
アレルギー体質のお客様ですので、
根本はノンジアミンカラーで、
明るめのブラウンにしました。

結果は、
こんな感じになりました。

 

ハイライトをあまり目立たせないで、
全体を同じ明るさに統一出来たと思います。

いい感じにカラーチェンジできたんじゃないでしょか。

退色後はどんな感じなるのか、
楽しみですね。

ありがとうございました。