このケースは酸性ストレートパーマでしかできません

2022/09/11

今回のお客様ですが、
かなり強いくせ毛の方です。

インナーカラーとハイライトのハイブリーチが入っています。

インナーカラーの部分もかなり強いくせが出ていますね。

ベースにグレーカラー(白髪染め)も入っています。

1年前にアルカリの縮毛矯正を施術されています。

もちろんハイダメージ毛になっています。

これだけ難しい条件が全部そろった、
超難度のケースですね。😅


いかにも「縮毛矯正をかけました~」って感じにならないようにしました。

結果、
地毛っぽい感じの自然な仕上がりになりましたね。😁

毛先も自然に内に巻かれています。

ハイライトのブリーチ部分
インナーカラーのブリーチ部分
どちらも問題なくキレイな状態で仕上がりました🤗

 

ハイライトやインナーカラーのブリーチ毛は、
従来のアルカリの縮毛矯正ストレートパーマでは、
ほぼ失敗してしまいます。💧

理由は、

ブリーチ毛ブリーチされていない毛が、
入り混じった状態というのは、
ダメージレベルが全然違う毛髪が入り混じった状態なんです。

ダメージレベルが違う毛髪が混ざった状態では、
薬剤をベストな強さに設定できません。

どちらかの毛髪に合わせると、
もう一方の毛髪が失敗することになるからです。😭

その点、
酸性ストレートパーマは、
薬剤の許容範囲が広いので、
ダメージレベルが違う毛髪が混ざった状態でも、
広い許容範囲でカバーできるというメリットが大きいのです。👍

 

 

酸性ストレートは、
ハイダメージヘアや、年齢の経過と共に衰えた髪(エイジング毛)でお悩みの方にとっては最高の技術になります。

お悩みのある方は、是非、一度体験してみてくださいね😊

 
 

LADY‘S 料金

MEN‘S 料金

 

LINEでもご予約できますよ。
友だち追加