パーマをかける時に不安はありませんか?

2019/05/03

お店の情報ーマをかける時に不安はありませんか?

ここでは、髪型ではなく、
お客様から見たパーマの不安について考えてみたいと思います。

perm

髪を傷めず安全に

やはり、パーマをかける時に一番怖いのは、
髪のダメージと、頭皮のパーマ液によるカブレですよね。
ここが、一番細心の注意が必要な所です。

パーマのカールの持続力

実は、髪がダメージを受けると、
パーマのカールの持続力も落ちるのです。
キレイなカールを長持ちさせるには、
髪を傷めずにパーマをかける事が1番大切なんです。

カールの大きさと、パーマの強さの関係

お客様のお声で「しっかりかけて欲しい」ってあるのですが、
選択肢としては、
ロッドの直径の大きいもので、強めのパーマ液を使うのか?
ロッドの直径の小さいもので、弱めのパーマ液を使うのか?
デジタルパーマや、エアパーマなどの、加熱系のパーマを使うのか?
色々選択肢は多いのですが、
それぞれのメリット、デメリットがありますので、
単純に技術的な良し悪しだけで選ばない方が懸命です。
一番大切なのは、お客様の髪が今までどんな技術を受けてきて、
どの程度傷んでいるのかを、ベースに考える。
次に髪質や、毛量を考えて、
最終的にどの技術でパーマをかけるのがあなたの髪にはベストなのか?
を、決めた方がいいと思います。

ヘアカラーとパーマの関係

今の時代では、ほとんどのお客様は、
パーマもヘアカラーもされています。
そういう意味では、
パーマの種類と、ヘアカラーの種類の組み合わせは、
非常に大切なバランスだと思います。

組み合わせが悪いと、パーマもカラーも両方とも失敗してしまいます。

特に、明るい色のカラーですと、髪のダメージが大きくなりやすいので、
当然、パーマの持続力も落ちてしまいます。

そういう意味でも、コチラの記事のようなダメージの少ないヘアカラーを選択する事も大切ですね。

縮毛矯正ストレートパーマをした髪にパーマは成功するのか?

パーマ液を使う事によって、
縮毛矯正ストレートパーマが落ちてきて、
まるで縮毛に戻ったようなくせ毛と、
ゴワゴワの質感の髪の毛になってきます。
ですので、良く美容師さんと相談して、
ベストな結果がでるパーマの選択を考えた方がいいですよね。

キレイにパーマヘアを維持するには

ホームケアやトリートメントなど、色々ありますが、
私のオススメは、
2ヶ月ペースくらいで毛先を1cmカットする事です。

コチラの記事でも書きましたが、
性能のいい最高のハサミでカットすると、
格段に毛先のダメージが軽減されていきます。

腕のいい美容師さんなら、長さを切り過ぎず、
ダメージ部分だけをカットしてくれると思います。

is1

Hope hair’s ヘアサロンホープ
石川県羽咋郡宝達志水町敷浪2区20

0120-38-2855
0767-29-2252

 

当店の情報はコチラへ

リンク

RSS
RSS

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ
にほんブログ村

Hope hair’s

HOPE HAIR’Sサイト内検索